「ほっ」と。キャンペーン
名古屋市西区 横田光弘税理士事務所 名古屋の財務会計経営相談
<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
選べる慰安旅行はちょっとNG
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 31日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


社員  「悪たぬき社長、毎年行われています我が社の慰安旅行についてですが。」

悪たぬき  「おう、もうそんな季節か。みんな楽しみにしているだろうな。」

社員  「それが、社長の悪ふざけが度を越しているんで、女性社員の間で不評なんです。」

悪たぬき  「そうか、前回のあれはまずかったな。俺も反省しているよ。

       でも、今回こそは全員が満足する旅行を企画したいな。」

社員  「でも、どんな旅行をしたとしても不平不満は出ると思います。」

悪たぬき 「それなら、不満を言う奴は行かなければいいんだ。
   
       行きたくないものを連れて行くから不満が出るんだからな。

       うんそうだ、行きたくない者は休みにしよう。

       さらに、旅行不参加ならいくらか特別手当を出す、というのはどうだ。」

社員  「特別手当があまり大きい額だと、誰も旅行に参加しなくなると思いますが。」

悪たぬき 「 旅行費が8万円、特別手当が2万円にすればいい。

       不参加者が多ければ、会社としても1人当り6万円浮いていいじゃないか。」



会社の慰安旅行については、各社いろいろと工夫をしているようです。
私の顧問先には、社長の個人的な趣味で行き先が決まる会社もあります。(社員は大変)
それはともかく、社員の給与所得に対する源泉所得税に関して、注意すべき点があります。


社員が会社から受ける現物給与などの経済的利益は、給与所得として源泉所得税の

課税対象になります。


慰安旅行の費用を会社が負担した場合には、「旅行」が経済的利益になりますが、通常

行われる社員の慰安旅行は純粋な福利厚生費支出なので、その経済的利益には課税

しないことになっています。

しかし、不参加の社員に悪たぬき社長の言っていたようなプラスアルファを支給するとなる

と、その取り扱いが変わってきます。


① やむを得ない事情により不参加の場合

 社員全員が旅行に出てしまうと、会社の機能は止まってしまいます。

 よって、当直者を置かなければ社員旅行に行くことができない会社もあります。

 この場合、当直者には旅行に参加できなかった分として特別手当を支給するのが

 一般的です。

 このような手当は給与所得として課税の対象としなければなりません。

 すなわち、 社員旅行の実費は8万円でも非課税、特別手当は1万円でも課税、というこ

 とになります。


② 任意で不参加の場合

 悪たぬき社長の言っていたように、「行きたくない奴は行かなくていい。」としてしてしまい、

 任意で不参加となった社員にプラスアルフアを支給した場合には、その額が課税対象と

 なります。

 さらに、この場合には注意しなければならないことがあります。

 それは、任意の不参加者だけではなく、旅行に参加した社員も課税の対象になることです。

 やむを得ない事情による不参加の場合にはプラスアルファを受け取った社員にだけ課税

 すればいいのですが、任意の不参加者に金銭を支給すると、旅行に参加した社員まで

 課税の対象になるのです。

 社員が「旅行」と「金銭」を任意に選択できるので、全員に現金支給があったものとみなさ

 れるわけです。

 
悪たぬき 「そうか、任意で不参加の者に特別手当を支給してしまうと、参加者にも課税され

        てしまうのか。
  
       そんなことになったら、また不評の嵐、間違いなしだな。

       やっぱり、旅行参加者に迷惑のかかることは止めよう!」

                 ・

                 ・
      
                 ・

                 ・

                 ・

2ヶ月後

悪たぬき 「慰安旅行の参加者名簿を見せてくれ。」

社員 「はい、こちらです。」

悪たぬき 「おー、たくさん参加してくれるじゃないか。すばらしい!

       ウム、この「S.S」とだけ書いてあるのは誰のことだ?」

社員 「決まっているじゃないですか。あの大阪の方ですよ。」

悪たぬき 「ゲッー、シン兄貴。こんなところまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



東京、大阪、名古屋、3大都市を巡る「矢沢永吉コンサートツアー」、を慰安旅行にする粋な

会社はないものでしょうか?

最終日はの夜はもちろん「DIAMONND MOON」で打ち上げです。

あったらうれしいな。



クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ









 

       













             
  











       



       














 





















 






























































                                    










   
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-31 21:18
「悪たぬき社長、厚生省からお電話です。」
クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 26日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。



社員   「悪たぬき社長、お電話です。」

悪たぬき 「誰?」

社員  「それが、厚生省と言っていますが。」

悪たぬき 「えっ、なんだろう? はい、悪たぬきですが。」

??? 「私厚生省の吉本と申します。先週の水曜日、悪たぬきさんは花月病院で人間ドツ

       グに入られたと思いますが、間違いないですね。」
 
悪たぬき 「はい、それが何か?」

???  「その際に受けられた血液検査の結果が私共の方に回ってまいりまして、慎重に

      慎重を重ねよく精査した結果・・・・・・・・」

悪たぬき  「は、はい。」 

          ・

          ・
              
          ・
    
          ・
       
          ・
          
          ・

          ・
    
          ・

          ・
 
          ・
     
           

???  「あなたの血液が厚生大臣賞に選ばれました!」

悪たぬき 「はあ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


        ・
 
        ・

        ・

??? 「はははは、何が「はあ」や。 しっかりせいや。俺や俺。」

悪たぬき 「あっ、その声はシン兄貴。」

シン兄貴 「やっとわかったか。お前、途中から頭真っ白だったやろ?」

悪たぬき 「はい。そりゃあ厚生省からって言われたら、誰でもビビリますよ。」

シン兄貴 「どうして厚生省だと断定できるんや?」

悪たぬき 「だって、そう名乗ったじゃないですか。」

シン兄貴 「あほ!名乗ったからと言って必ずそうだとは限らんやろ。」

悪たぬき 「それに、内容があまりにもタイムリーで深刻すぎたから。」

シン兄貴 「おう、そこがミソや。」

悪たぬき 「えっ?」

シン兄貴 「お前、少し前にオレオレ詐欺にひっかかっとるやろ。」

悪たぬき 「はい、雑損控除の対象にならずに税金が少なくならんかったやつですね。」

シン兄貴 「その時と今のアレは手口が同じなんやで。」

悪たぬき 「はあ。」

シン兄貴 「まず、オレオレ詐欺も今のアレも、お前のことを慎重かつ正確に調べ上げとる

      んや。それで電話の信用度は高まるからな。」

      それから、両方とも最初に相手を徹底的に動揺さすところから始めるんや。

      交通事故、会社倒産、医療ミス・・・・・・・そして俺がやったのは病気や。

      お前、何か悪い病気じゃないか、とビビったんやろ。」

悪たぬき 「はい。」

シン兄貴 「結局、相手を信じさせ、おもいっきり動揺させるのが目的で、そうさせたら

       もう後はちょろいで。何でも言うことを聞くやろな。

      さっきも、もし俺が本気なら、あの後お前から金を出させるのも間違いなしや。

      何とでも口実を作ってな。 

       オレオレの時も、現金を振り込んだやろ。

悪たぬき 「はい、そうでした。」

シン兄貴 「でもな、仮にそれが本当のことだったとしても、振込みで済むことなんて

       あり得ないんやで。そんな簡単なもんとちゃうやろ。

       しかし、最初にビビらされてるから、冷静さを失っていて、まともに考えられないん

       や。

       いいかよく聞けよ、相手が初めての奴の場合は、最初から手離しで信用し

       てはダメや。 常に冷静になって相手を見極めろ。

       そして、簡単に即決すなや。

       相手はわけがわからない状況を作り上げ不安をあおり、金を出させるんや。

       しっかりせんと、せっかく会社で成功しても、とろいところで財産を失う羽目にな

       るで。」

悪たぬき  「はい、わかりました。肝に銘じます。」

シン兄貴  「 また、しばらくしたら、俺が大丈夫かチェックしたるわな。」

悪たぬき 「怖いなあ、シン兄貴は半端じゃないときがあるから。」



ここ数年、本当に詐欺事件が多く発生しています。

最近、私が気になるのはネット上の詐欺です。

特に、「情報起業家」と言われている人たちには要注意です。

本屋さんで売っているようなマニュアル本等を簡単にまとめただけのものを、いかにも

スゴイ新発想の商品のように装っているケースがあります。

しかも、それらは高額なものが多いです。(それが、また価値あるものだと思わせる)

そして、内容よりもむしろ宣伝文句に力を入れています。

半端じゃなく。

あの「体験談」というやつも、いかにもあやしい。(業者同士が褒め合っていたり、他にも

裏があることが多い)

正確には、それなりに内容に合う商品を送っているので詐欺事件にはなりにくいでしょう。

額も訴えるには、少額だし。

しかし、あの誇大広告で人をその気にさせて買わせる手口は、私は立派な詐欺だと思います。

商売とはこのようにゲリラ的に行うものではありません。

商売とは少しずつ少しずつ信用を積み重ね、純粋に努力し長い期間にわたって地道に

行われるべきものだ、と私は思います。


もちろん、全て悪質なものということではありません。

真面目にやっている方も大勢いらっしゃるので誤解のありませんように。



今日、仕事の帰りに本屋さんに寄りました。

例によって、いつ読めるか分からないのに5冊購入。

そこはCD屋さんも併設されている所でしたので、娘にもDVDをお土産として買いました。

「不思議の国のアリス」。

家に帰り、DVDを渡した瞬間、満面の笑みの娘。

でも、開けたらがっかり。

もう、すでに持っているものでした。

それでも、「うれしかったよ。」と娘は言ってくれ、しかも早速それを観てくれました。

ダメな父親を気遣う娘を見ていると、涙が出そうでした。



クリックお願いします。明日への励みになります。
          ↓
人気blogランキングへ

















































    

       

 



 
 
     





     



 

 


















































 

















       
   
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-26 21:03
商売もナンパも同じや!
クリックお願いします。明日への励みになります。
           ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 20日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


シン兄貴 「よおー、悪たぬき。」

悪たぬき 「お疲れ様です。」


♪俺たちの出会いを・・・・・・・♪


シン兄貴 「おっ、電話や。悪いな。」

悪たぬき 「どうぞ、どうぞ。」

A業者  「こちらA(株)と申します。現在キャンペーン期間中につき、○○をお得な値段で

       提供しております・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

シン兄貴 「いらんわ。ほな切るで。」

悪たぬき 「営業の電話ですね。」

シン兄貴 「そや。」

悪たぬき 「そんな時、俺は相手の気持ちを考えてしまって、ついつい話を聞いてしまうけど、

       その点シン兄貴は容赦ないですね。」

シン兄貴 「あほ!お前、自分のことを優しい人間や、と思っとるやろ。しかし、俺の方が優し

       いんやで本当は。」

悪たぬき 「えー、どうしてですか?あんなに冷たくしてるのに。」

シン兄貴 「向こうは何のために電話をしてきとるんや?」

悪たぬき 「そりゃあ、営業の仕事でしょ。」

シン兄貴 「そや。そしたら最終目的は物を売ることやろ。」

悪たぬき 「はい。」

シン兄貴 「そう考えたとき、俺みたいな奴は簡単に買うと思うか?」

悪たぬき 「いーえ。あり得ません。」

シン兄貴 「まず買わんわな。なら、俺と話をしている時間はムダとちゃうか?

       そんなことしている間に、たとえ1本でも多く他に電話をした方がいいというも

       のや。
       
      優秀な営業マンもそうでない奴もそんなに成功率は変わらせん。

      問題はどれだけ数多く営業をかけることができるかや。

      (アポ数×成功率)

      結局、成功率が同じなら、営業をかける数をどれだけ増やすことができるかが、

      成約数を増やすポインとになってくるやろ。

      イカン、と思ったらすぐ次に行く。
 
      すなわち、優秀な営業マンとは「見切り」のうまい奴なんや。

      俺が早く電話を切ってやったのには、そういう意味があったんやで。

      お前みたいに、買わんくせに話だけ長々と合わせるような奴は、結局一番たちが悪 
      
      いんや。」

悪たぬき 「はい。よくわかりました。シン兄貴はこのことを長年商売を続ける中で習得され
  
       たんですか?」

シン兄貴 「ちゃう。暴走族時代のナンパや。

       女に声をかけて「あかん」と思ったらすぐ次に行く。

       重要なのはテクニックより数なんやで。

       例えば、成功率3割の奴と1割の奴がおったとするわな。

       3割の奴は余裕をかまして10人に声をかけて3人ゲット。

      一方、1割の奴は走り回って50人に声をかけて5人ゲット。

      勝負は1割の奴の勝ちや。

      この場合のキーポイントもやっぱり「見切り」や。     
       
      少しでも数多く声をかけるためにな、。」

悪たぬき  「はい。わかりました。」

シン兄貴 「商売もナンパも俺に言わせたら同じや。度胸一発頑張りや!」        


永ちゃんの青山ブルーノートでのコンサートの抽選、はずれてしまいました。残念!

努力してどうにかなるなら、どこまでも努力するんだけど。

抽選じゃあ、しょうがないですね。




クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
 
人気blogランキングへ
 



 
      
 










   
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-20 20:36
続く増税路線と続く妻の厳しいマーク
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 17日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。



今日もまた、シン兄貴達のお話から始めます。


シン兄貴 「いよいよケリをつける時がきたようや。」

悪たぬき 「どうかしたんですか?」

シン兄貴 「バブルの時に買ったゴルフ会員権やけどな、もう売ることにしたわ。」

悪たぬき 「えー、でもあれって1000万円で買ったものでしょ、今売ったら100万円ですよ

      もったいなくないですか?」

シン兄貴 「俺も別れはつらいが仕方がないんや。」

悪たぬき 「あっ、わかった。何かお金からみで得をするんでしょ?」

シン兄貴 「めずらしく鋭いこと言うな。税理士によればな、売却した際の損を他の所得か

       ら差し引くことができるそうや。そうすれば税金を取り戻せるというわけや。」

悪たぬき 「そうなんですか。でも、なぜそれをするのが今年なんですか?」

シン兄貴 「この制度が廃止される日も近いという噂なんや。それにな、今年は俺の裁判も

       あるかもしれないんで、ゴルフどころじゃないんや。」

悪たぬき 「さすが兄貴、抜け目がないですね。 裁判って、秘書の態度が気にいらなくて

       ぶん殴って顔にツバをかけた、とかいうやつですか?あまり詳しくは言えませ

       んが」

シン兄貴 「ほとんど言っとるがな。」

悪たぬき 「あっ、そういえば、俺の買った数々の指輪や時計等の貴金属も売って損がでた

       ら、きっと他の所得から差し引けますよねー。だとしたら、うれしいな。」

シン兄貴 「う~ん、それはどうやろ?」



バブル期に買ったゴルフ会員権を今売却した場合、ほとんどのケースでは売却損が出て

しまいます。

この損失については、シン兄貴の言うように他の所得と相殺することができます。

(これを「損益通産」と言います。)

たとえば、1000万円のゴルフ会員権の売却損と同額の給与所得があるケースでは、確定

申告でこの売却損を通算し、給与所得にかかる全ての税金の還付を受けることができます。


しかしながら、所得税では、個人が保有する古美術品、貴金属などのぜいたく品は通常の

生活に不用な資産とされ、売却損失を他の所得と通産できないこととなっています。

よって、悪たぬきの場合、税金による損失の補填は一切ありません。


では、なぜ貴金属等が×で、ゴルフ会員権は○なんでしょうか?

実は、所得税の損益通算の項目にこのぜいたく品の規定ができたときに投資対象ではなか

ったためこれに含まれておらず、そのまま放置されて現在に至っているのです。

土地、建物の売却損も、昔から損益通算の対象となっていましたが、H16年の税制改正で

いきなり、損益通算ができなくなってしまいました。(特定の居住用財産等はOK)

これらを考えると、ゴルフ会員権も損益通算の対象外になる日がそんなに遠くはないと思

われます。


悪たぬき 「えっー!またしても俺は蚊帳の外じゃないですか。シン兄貴は本当に悪運が強く

       てうらやましいな。」

シン兄貴 「何事も勉強やでー。お前もそろそろ女から足を洗って一から出直せや。」



ここらで、もう一度配役の確認です。


シン兄貴  元大阪の暴走族。「行列ができる○○相談所」の司会もこなしマルチに活躍

悪たぬき  元極楽Tのデブの方。

悪きつね  Rブーツのよくしゃべる方。 

(あくまでイメージ)




今日、妻が予定より一日早く実家から帰ってきました。

「うわー、奇襲攻撃だあ。」

終戦記念日が終わったばかりなのに。






クリックをお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ




































































       
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-17 21:05
詐欺に遭うくらいなら、惚れた女にお金を盗まれよう!
クリックお願いします。明日への励みになります。
          ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 16日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


悪きつね 「あーあ、テンション下がるなあ。」

悪たぬき  「どうかしたんか?元気ないようだけど。」

悪きつね 「俺の家に泥棒が入ったんすよ。」

悪たぬき 「それは大変だったなあ。それで被害は?」

悪きつね 「現金約500万円ッス。」

悪たぬき 「それは痛いなあ!でも、どうしてそんな大金を?」

悪きつね 「ここだけの話、女との手切れ金ですよ。」

悪たぬき 「お前は女に見境ないからなあ。」

悪きつね 「やまも・・・いや悪たぬきさんに言われたくないですよ。それに俺は警察に捕まる

        ようなことはしてませんから。」

悪たぬき 「それを言ってくれるな。反省しているんだから。」

悪きつね 「でもいいっすよ、税理士によれば、今回のような盗難は「雑損控除」の対象に

       なって、確定申告のときに、税金が戻ってくるそうだから。」

悪たぬき 「えーそうなんだ。じゃあ、俺が先月、付き合っていた女に盗まれたダイヤの指輪
  
       も税金が戻ってくるなあ。
   
       それと、2月にやられた「オレオレ詐欺」も。

       何か、希望が湧いてきたなあ。」

悪きつね 「いろいろやられてんですね。でも、それってどうなのかなあ?」


今回の悪きつねのような「盗難」、そして「横領」、「災害」等の被害に遭った場合は「雑損控

除」の対象となり、悪きつねが言っていたように、確定申告で税金が戻ってきます。

しかし、盗難、横領なら何でもOKということではありません。

「生活に通常必要でない資産」は雑損控除の対象外となります。

つまり、悪たぬきのように、ダイヤの指輪を盗まれても税金の補填はありません。

さらに、悪たぬきの遭った「オレオレ詐欺」もアウトです。(詐欺、恐喝は雑損控除の対象外)


私の知り合いに、同棲していた相手に本当にお金を持って行かれた人がいます。

(しかも、カードでたくさん買い物までされた)

踏んだり蹴ったりにならないように、日頃から騙されないように気をつけましょうね。


ちなみに、雑損控除の金額の計算は次のようになります。

次の1、2のうち、いずれか多い金額

1.損失の金額-総所得金額×10%

2、損失額のうち災害関連支出の金額-5万円




シン兄貴 「悪きつね、泥棒に入られたん?」

悪きつね 「そうなんですよ。」

シン兄貴 「冷蔵庫の中なんかに入れとくからや。そんなのもう古いわ。」

悪きつんね 「どうしてそれを?誰にも言ってないのに。」





今週の金曜日まで、妻が実家に帰っておりません。

やったあ!(なぜか、こういう時って、男はちょっとだけうれしいものです)   

でも、時々チェックの電話があります。

「夜寝るときは鍵をしめてね、電気も全て消して、特にクーラーは消したつもりが消えていない

ことがあるからよく注意して、歯を磨いて、それから・・・・・・・・・朝出かけるときも鍵をかける

のを忘れないでね、電気は全て消したか確認して、それから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

もう、子供じゃないんだから。

「8時だよ全員集合!」のエンディングのカトちゃんみたいなことしなくても。(笑)

妻いわく、私は親戚中で一番マークが必要なんだそうです。

いろいろな意味で。


それはともかく、早くまた娘の「ファンキー・モンキー・ベービー」、聞きたいな。



クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-16 21:09
お墓参りとファンキー・モンキー・ベイビー
クリックお願いします。明日への励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 14日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


悪たぬき 「よお、悪きつね!実はまずいことになっちゃってな。今度始めた商売のことだ

       けど。」
    
悪きつね 「ああ、女の子を集めてするあのHなやつですか。」

悪たぬき 「そう、ちょっと非合法な分野に足を突っ込んじゃったからか、「や」のつく商売の

       人達がやって来てな。」

悪きつね 「えー、それは大変なことになりましたね。」

悪たぬき 「それで、顧問料を要求されてんだよ。」

悪きつね 「顧問料って聞こえはいいけど、実際は・・・・・・・・・・・・・。」

悪たぬき 「金額があまりにも大きいんで、何とかならないかと思って、お前の知恵を借りに

      来たんだよ。」

悪きつね 「この問題は私ではダメですよ。一人適任者がいるじゃないですか?」

悪たぬき 「やっぱりあの人しかいないか?」

     ・
     ・ 
     ・
     ・
     ・

シン兄貴 「話は分かった。それは大変やったな。でも、もう大丈夫や。俺にまかしとけ!」

悪たぬき 「さすが、シン兄貴!頼りになります。」

シン兄貴 「俺が行って話をつけてやるわ。恐らく30%くらいの金額は減らせるやろ。」

悪たぬき 「ありがとうございます。シン兄貴に一生ついて行きます。」

シン兄貴 「そのかわり、口利き料として毎月○○円俺に支払えや。」

悪たぬき 「えー、そんなあ。」

シン兄貴 「それでも少しは金が浮くやろ。それにお前んところは利益が出とるんやさかい、

       経費で落して税金を少なくせいや。」

          ・
          ・
          ・
          ・
          ・

悪たぬき 「あーあ、シン兄貴の方が「や」のつく人達よりずっとたちが悪いや。
        
       でも、うちは費用で落せるだけマシかな。」

悪きつね 「何を言ってるんですか。費用なんかにして表に出したら「や」のつく人達、黙っちゃ

       いないですよ。 何しろ非合法なんだから。」

悪たぬき 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



違法な行為に係る支出は、法人税法上「損金」になるのでしょうか?

最近の裁判例では、民法90条に定める「公序良俗」に反することを理由に、こういう支出は

損金にならないとするものがあります。

民法90条にはこのように書いてあります。

「公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は無効とする。」

この他にも、こういう支出は、法の理念から到底容認できない、とした判決もあります。

でも実際はこのこと以前に、悪キツネが言っていた理由から経費にしないことの方が多い

ことでしょうね。


それでは、違法な行為をして稼いだものについては、税金がかかるのでしょうか?

残念(?)ながら、課税されます。

本来なら、「修羅がゆく」の本郷も確定申告をしなければなりません。

ゴルゴ13も「暗殺報酬」を売上として、そして交通費等や銃の減価償却費を経費にして

申告、納税義務があるわけです。(どこかの国で)

あり得ませんけどね。(笑)

       
日曜日にお墓参りに行ってきました。

道中、うちの娘が課題曲を炸裂です。

最近、私が決めた曲を娘に伝授しているのです。

もちろん、全て永ちゃんの曲です。

今年の夏の課題曲  「ファンキー・モンキー・ベイビー」

妻のおじいちゃん、おばあちゃんもびっくりです。(娘は一緒に歌うことを強制)

でも、パパはうれしかったよ。

次はどの曲にしようかな。

妻は「やめてー!」と言いますが、一度やり始めたことは必ず続けます。


クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ




































    

      












 
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-14 21:21
発想の転換でチャンスをつかむ
クリックお願いします。明日への励みになります。
     ↓
人気blogランキングへ

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


先週の日曜日、自宅の近くで殺人事件がありました。(注1

場所はイタリアレストラン。

殺された方は、そのお店のオーナーです。

と、言っても一日も営業をすることができませんでした。

亡くなったのは、開店日の前日だったのです。

近所の人の話によれば、ここ4、5日は泊まり込みで、準備に夢中だったそうです。

どんなにか悔しかったことでしょう。

起業される方の思いの強さをよくわかっているだけに、その無念さが手に取るように感じら

れます。

注1) 警察発表では、事故と他殺の両方の可能性があるとのことです。

   よって、現時点では必ずしも殺人事件と断定できるものではありません。


   
シン兄貴 「お前、あのイタリアレストランで商売やってみたらどうや?」

悪たぬき 「無理です。人が死んでいるんですよ、気持ちが悪くてとてもできません。」

シン兄貴 「そうかなあ?俺はチャンスやと思うけど。」

悪たぬき 「えー!あんなに悪条件がそろっているのにですか?」

シン兄貴 「そうや。あの店の大家は、あんな事件の後だし、今後借り手を探すのに苦労す

       るやろ。」

悪たぬき 「はい、それで。」

シン兄貴 「だったら、いい条件で借りられるやないけ。しかも、開店直前だったから、設備

       投資は全て終わってるんやで。新品をそっくりそのまま使えるしな。」

悪たぬき 「でも、無念の死をとげた悪い怨霊がでてくるんじゃないですか?怖いなあ。」

シン兄貴 「あほ、逆や。 死んだ奴はあの店を経営するのが夢やったんやで。

       きっと、「よく俺の意志を引き継いでくれた」、と喜んでくれるわ。

       そして、応援してくれはること間違いなしや!」

悪たぬき 「さすがシン兄貴、相変わらず自分勝手な解釈、いや超プラス思考ですばらしい
 
       ですね。」


実は、このシン兄貴とほぼ同じ話を、私の顧問先の社長から先日聞きました。

その方は飲食業を多店舗展開されていて、いつも前向きな経営をされています。

この考え方が是か非かは別として、何事も固定観念にとらわれていてはいけないことを

改めて感じました。

成功とは以外な所に落ちているものなのかもしれません。

そして、それを拾うことができるかどうかは、日頃のたえまぬ努力の結果だと思います。




2日前、車のラジオで「イントロクイズ」をやっていました。

イントロの最初の部分を少し流して、何の曲なのかを当てるのです。

私は本来こういうのは苦手です。

しかし、今回は違いました。


「歌っているのはロック界の大御所で今年57歳を迎える方です。そして、コンサートでは毎回

最も盛り上がる曲です。」

「トラベリンバス!」

イントロが流れる前に、言いました。

「えー、どうして分かったの?」

一緒にいた人は驚きましたが。

こんなに詳しく説明したら、永ちゃんファンなら誰でも分かるって。

それはともかく、思いがけずに「トラバス」を聴けて、その日は何か特をした気分でした。



クリックお願いします。明日への励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-12 21:34
シン兄貴 「いい話を持ってきてやったで。(俺にな)」
クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 11日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


シン兄貴 「よおー、悪たぬき!」

悪たぬき 「あっ、シン兄貴。」

シン兄貴 「そんなに嫌な顔をすんなや。今日はいい話を持ってきたんやで。」

悪たぬき 「本当ですか?」

シン兄貴 「俺の持っているショッピングセンターに、お前のお店が入っているだろ。」

悪たぬき 「ハイ。」

シン兄貴 「そこでな、お前の所から社員を出して欲しいんや。」

悪たぬき 「言われなくても出していますよ、商売なんですから。」

シン兄貴 「アホ、お前の店にお前が店員を出すのは当たり前や。そうじゃなくて、エレベ

      ーター担当に一人穴が空いたんや。このままだとお客さんに不自由をかける

       やろ。」

悪たぬき 「はい。」

シン兄貴 「お前の店の売上にも響くやろ。」

悪たぬき 「そうですね。それは困ります。」

シン兄貴 「だろー、だから出して欲しいんや。お前のところの活きのいい奴を。まだまだお互

       いバンバン稼ごうや。」

悪たぬき 「わかりました。それで、私の方からは1時間当りいくら請求させていただけるので

       しょうか? それとも日給制?」

シン兄貴 「何やそれ。お前、俺から金を取る気か?自分の店のことなのに。第一、あのシ

        ョッピングセンターの集客力のおかげで儲かってんのとちゃうんか?」

悪たぬき 「まあ、それはそうですが。」

シン兄貴  「だったら、気持ちよく人を出したらんかい。」

悪たぬき 「でも、長く続くんだったら大きな支出になってしまいます。それは痛いですよ。」

シン兄貴 「まだ、ごちゃごちゃ言うとんのかい。誰のおかげでメシ食えとるんや?」

悪たぬき 「す、すみません。」

シン兄貴 「まーえーわ。別にお前んところだけとちゃうんや。他を当ることにするわ。

       そのかわり、今後のことはわかっとるだろうな。」

悪たぬき 「わ、私がやります。」

シン兄貴 「はあー?」 

悪たぬき 「いえ、ぜひ私にやらせて下さい。」

シン兄貴 「そうかい。引き受けてくれるか。そう言ってくれると思ったわ。それじゃあ、ヨロシク

       頼むな。
      
       そうそう、お前の会社は利益が出てるんだから、経費で落せば、少しは負担が

       軽くなるやろ。」


このような場合、シン兄貴が最後に言ったように、本当にに経費で落せるのでしょうか?

もちろん、自分の店に社員を派遣すれば、純粋な給料として損金経理できます。

しかし、派遣する社員がエレベーター担当や警備員である場合には、給料としての損金性

は少なく、交際費として扱う必要があります。

それは、自分のお店の販売には直接関係なく、今後の取引を継続して円滑に行うための

費用、すなわち交際のための費用として支払われるからです。

いわゆるゼネコンと呼ばれる企業が国会議員の秘書の給料を負担していたことがありま

したが、これが典型的な交際費の例です。

交際費は損金算入限度額を超過すれば課税対象になります。



悪たぬき 「先生、シン兄貴に頼まれた今回の件ですが、経費で落して税金を少なくする

       ことはできますよね。せめて、ぞれで取り返さなきゃ。」

税理士  「残念ですが。これは交際費になります。しかも交際費の枠をすでに超えてい

       るので1円も税金は少なくなりません。」

悪たぬき 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
 
       
起業することは大変なことです。

それ以上に、経営を続けることは大変です。

負けずに頑張りましょう!


クリックお願いします、明日への励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ





















 


 



   
     
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-11 21:06
悪の連鎖。(シン兄貴登場)
クリックお願いします。明日への励みになります。
          ↓
人気blogランキングへ

2006年 8月 5日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


月末、極楽会社の悪たぬきのところに、シン兄貴がやって来ました。

シン兄貴は極楽会社の親会社の社長で、元大阪の暴走族です。

シン兄貴  「よおっー!元気でやってるかい?」

悪たぬき  「いえ、いろいろあって、凹んでいますよ。今日は何か?」

シン兄貴  「おう、お前に頼みがあってな。実は俺の会社が儲かりすぎちゃってな、今月

       決算なんやけど、税金がかなり大きくなりそうなんや。」

悪たぬき  「それはそれは、さすがズル賢い・・・いや頭のキレる兄貴らしいや。」

シン兄貴  「それでな、お前の会社で領収書を出して欲しいんや。金額は500万。」

悪たぬき  「お金をうちに入れてくれるんですか、助かります。」

シン兄貴  「相変わらず、アホやな。金なしで領収書だけや。俺の会社の費用にすること

       だけが目的やからな。」

悪たぬき   「えっー、そんなことしたら、うちの会社の売上だけが増えてしまいますよ。

        そして納める税金も。」

シン兄貴  「えーことやないか。会社は利益を追求しないとな。遠慮なくとっとけ。」

悪たぬき  「でも、お金はなしなんでしょ、きついなあ。 もし、断ったら?」

シン兄貴  「もちろん断るのは自由や。 そのかわり、明日からお前の会社はずっーと

       休みになるけどな。他にも会社はいくらでもあるんや。アハハハハ。」

悪たぬき 「うーん。」



子会社にとって、親会社は税務署より怖い存在です。

協力しなければ仕事を回さない、と言われたらそれまでなんです。

結局、不正と知りながら、しかも損を覚悟に決断することになってしまうことでしょう。


領収書を発行するということは、当然ながら売上が増えることにつながります。

通常は売上が増えれば仕入も経費も増えることとなり、最終的な所得金額はそれほど

増加しません。

しかし、今回のように仕入も経費も決まっているところに売上だけを増やせば、売上の増加

イコール所得の増加となってしまうのです。

すなわち500万円の売上を加算すれば、500万円の所得が増え、500万円の所得が増

えれば約200万円の税金が増えることになるのです。

いかに親会社のため、今後の取引のためとはいえ、その負担は大きいものとなるのです。


3日後

悪たぬき 「よおっ!悪きつね。 今日は頼みがあるんだ。実は俺の会社が・・・・・・・・

       領収書をきってくれ。いやなら・・・・・・・・・・・・・・。」

悪きつね 「うーん。」


悪たぬきは自社の税金負担を軽くするために、孫会社に領収書の発行を依頼します。

大胆かついやらしく。

  
この悪の連鎖、実社会においても少なからずみられます。(特にある業界において)

今回のようなケースだけではなく、いろいろと巧妙に形を変えて。

もちろん、脱税になります。

やってはいけません。


でも、世の中とは厳しいものですね。

私は、立場上、こうした下請け会社の社長から生の声をたくさん聞いています。

それだけに、その気持ちが痛いほどわかります。

中小企業の社長さん、メケズに頑張りましょう!

頑張っていれば、いいこともありますよ。




配役
  
シン兄貴   「行列のできる○○相談所」の司会者

悪たぬき   元極楽トンボのY

悪きつね   Rブーツのよくしゃべる方
(悪たぬきより独立)


注) あくまでイメージ。


クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-05 21:29
ワクワクした初めての督促状。
クリックお願いします。明日への励みになります。
           ↓
人気blogランキングへ


200年 8月 4日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。



今日、私宛に市・県民税の督促状が届きました。

そういえば、資金繰りがきつかったもんね。

株の含み損がクラウン1台分あるし。

もうダメかなあ。
    
       ・

       ・

       ・

       ・

       ・
  
  
そんなことは全くありません。

第一、私はこれまで税金等を滞納したことは1度もありません。(税理士として当たり前で

すが)

では、今回が初めて?

それも違います。

名古屋市が間違えて送ってきたのでした。


早速、区役所に電話です。

なぜか、こんな時ってワクワクします。

「間違って市・県民税の督促状が届いているので調べて下さい。」

「少々お待ち下さい」

しばらくたって

「あっ、そうですねー、そちらで破棄しておいて下さい。」

さらっ、と言われて終わりです。

謝罪の言葉一つありませんでした。

それはないでしょう。

もっと、しっかりして欲しいものです。


「お役所のやることに間違いはない。」

日本人は勤勉で真面目なので、そう思っている人が多いです。

でも、税務署も含めて公の機関にもミスはつきものです。

以前、うちの顧問先会社の申告の際、税務署から白色申告の用紙が送られてきました。

あれっ、「青色申告の承認申請書」を期限までに出したのにおかしいな。

念のために、税務署に電話で確認すると、

「いや、申請書は出ていません。」、という答えが返ってきました。

しかも、自信満々に。

カチン、ときた私はすぐに税務署に乗り込みました。

「じゃあ、これを見てくれ!」

税務署の収受印が押してある「申請書」の控えです。

それを水戸黄門の印籠のごとく見せ付けてやりました。

「この書類を何だと心得る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「ハハッー。」

そこまで、オーバーではないですね。


「あっ、そうですね。申し訳ありません。」

あっさり認められました。(当然ですが)


収受印が押してあるということは、税務署が「はい、受け付けましたよ。」、という確固たる

証拠になります。

私達税理士の世界では、税務署等に提出する書類はどんなものでも2部作成し、1部は

収受印を押してもらい控えとするのが常識になっています。

提出した覚えとすることと、もう一つは先述のような税務署のミスに対抗するためです。


相手が公の機関だったり、形式が整っていると、人は信用しがちです。

しかし、それが本当に正しいのかどうかを自分自身で考えなくてはいけません。

何事も過信は禁物ですよ。

「十分気をつけましょう! 振り込め詐欺と税金の督促状。」    

なんてね。


今日、訪問した会社の社長さんから、いい情報をゲットしました。

永ちゃんの大ファンがやっているお店が、名古屋の中区にあるとのことです。

そこは、連日永ちゃんの曲が鳴り響いているそうです。

ぜひ、仕事が落ち着いたら行ってみたいと思います。

また、楽しみが増えました。

近い将来に、楽しみがあると、仕事もより頑張れますね。


クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-04 20:56



事業経営者の良きパートナーである税理士・横田が、「矢沢永吉はなぜBIGになれたのか?」等楽しく、おもしろく、そして経営に役に立つ話をします。
by bigbeat-yokota
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 09月
2009年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
タグ
(71)
(58)
(25)
(12)
(6)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のトラックバック
Tramadol.
from Tramadol.
Effexor and ..
from Effexor and de..
Yahoo Single..
from Yahoo Singles Uk
Dating East ..
from Dating East In..
Escort Revie..
from Escort Review ..
Female Escor..
from Female Escort ..
Buffalo Esco..
from Buffalo Escort..
Dvd Line Nud..
from Dvd Line Nudis..
New York Inc..
from New York Incal..
Local Escort..
from Local Escort S..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

人気blogランキングへ
Copyright © 2006 YOKOTA, Inc. All Rights Reserved.