名古屋市西区 横田光弘税理士事務所 名古屋の財務会計経営相談
<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
近道をする奴は近道に潰される。
クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ

2006年 11月 23日


税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


もう、10年くらい前のことになります。

現在、友人でもある顧問先のMさんが初めて、私の事務所にやって来ました。

ものすごくハデなネクタイと引き込まれる魅力的な話ぶり。

本当に面白い人で、最初から気が合ったのを覚えています。


それから間もなく、Mさんの自宅に行った時には驚きました。

奥さんが超美人。

私は一度にファンになってしまいました。

「その人を知るにはその奥さんを見るとよくわかる。」

そんなことを言う人がいます。

それはある意味正解です。

私はその時、Mさんを本当に見直しました。(笑)


Mさんは顔がかなり広く、今までにたくさんの人を紹介していただきました。

社会保険労務士さん、行政書士さん、会社経営者、何をしているのかよくわからい方、その

他・・・・・・・・・。

そして、独身時代には、きれいな女性も・・・・・・・・これはここだけの話(笑)

人との出会いは財産ですから、本当に感謝しています。


このMさんが今度、自社ビルを建てることのなり、先日、仮の図面が出来たということで

私に見せにきてくれました。

それで、いろいろと図面を見ながら話をしていたら、ビックリ。

建築会社が、私の自宅の建築をしたところと同じだったのです。

こういう偶然もあるものなんですね。

私はその建築会社の仕事ぶりを気に入っていたので、「誠実な社長さんで・・・・・・・・・・・・・」

と、思ったままをストレートに伝えました。

そしたら昨日、その建築会社の社長さんから手紙をが届きました。

「M社長から聞きましたが、横田さんから当社を推していただいた故、大変ありがとうござい

ました・・・・・・・・・・・。」

どうやら、Mさんはあの時点では契約をまだ決めかねていて、私の話が後押しになった形

になったようです。

私にそんなつもりは全くなかったのですが、結果として。


この時改めて思ったのは、本業をしっかりと堅実に行なうことが、何より大切であるという

ことです。

もし仮に、この建築会社が私の自宅の建築の際、不誠実な対応をしていたとしたら、

私はやっぱりそれをありのまま伝えることとなり、その結果、Mさんは契約を断念したかも

しれないのです。

自分のした行為は回りまわって、また自分のところに帰ってきます。

目先の利益だけを追えば、必ず行き詰ることになるでしょう。

永ちゃんいわく

「近道をする奴は近道に潰される。」

大事な教訓です。
 


クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ



















 













































 











































 













































 
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-11-23 14:31
「普通は・・・・」なんていらない、自分のやり方に徹する
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ

2006年 11月 19日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


はっきり言って、私は、「普通は・・・・・・・」という言い方が嫌いです。

「普通は・・・・・・するよね。」とか

逆に

「普通は・・・・・・なんてしないよね。」

と、いう言い回しです。


現代は横並び主義が好まれる傾向にあります。

人と同じであれば安心し、少しでも違っていると不安に思う考え方です。

「どうしてするの?」

「みんながするから。」

そんな漫才みたいなことが、平然と行なわれているのです。

そういう社会においては、人と違う変わったことをする人は叩かれやすいです。

「あいつ、変だぞ~。」

、と標的にされるのです。

子供の社会で問題になっている「いじめ」も、根底はそこにあるように思います。

しかし、人と違っていることは大事な「個性」です。

本当はすばらしいことなんです。

そして、人と違ったことをすることは、むしろ「チャンス」です。

人に惑わされてはいけません。


マリナーズのイチローがオリックスに入団したばかりの頃、

「そんな打ち方ではプロでやっていけない。」 (振り子打法)

周りからそう言われたものです。

もしこの時、イチローがそんな声に屈し従っていたら、

今のメジャーでの活躍ぶりはなかったかもしれません。

前例の無い自分のやり方に徹したからこそ、前例の無い、いわゆる前人未到の記録を

残せたんだ思います。


よって、人にどんなことを言われても気にすることはありません。

たとえ

「普通・・・・・・・・なんてしない。」 、「普通は・・・・・・・・すべきだ。」

、とか言われても

「やかましい、俺は俺の道を行くんだ!」

自分の信じる道なら、

これを貫いて正解だと思います。



変人の私が言い切るのもなんなので、最後はやっぱり永ちゃんの言葉でしめたいと

思います。


「人の意見を聞いて、ハイそうですかって、自分のやり方を変えたって、

 結局、なんにも残りはしない。

 闘い続けるか、思い切って、スッパリと止めてしまうか、

 道は二つに一つ。 中途半端はゼロだ。 」

                                  矢沢永吉

                                         

クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-11-19 14:40
決断
クリツクお願いします。明日への励みになります。
       ↓

人気blogランキングへ

2006年 11月 14日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。



おとといの日曜日、NHKの大河ドラマ「功名が辻」では、関が原の戦いをやっていました。

関が原の戦いは天下分け目の合戦としてあまりにも有名です。

戦前、徳川家康に付くか石田三成に付くか、各大名は迷いに迷ったことでしょう。

それもそのはず、TOPの決断一つがその後の人生を大きく分けることになるのです。

当然、それは自分のことだけにとどまらず、その家族や大勢の家来とその後ろに続く家族

全員に及んできます。

生か死か?

当時のTOPの決断は、あまりにも重大な意志決定となります。


中にはそのプレッシャーからか、戦いが始まっても、いまだにどちらに付くか決めかねて

いた情けない者もいます。

そう、裏切りものとして有名な小早川秀秋です。

最後は、家康に大鉄砲を打ち込まれ、あわてて参加する始末です。

これではTOPとして完全に失格ですね。



一方、平和な現代においては、会社のTOPである社長の決断が戦国時代ほど重いもの

になることはあり得ません。

最悪で破産。

命まで取られたりはしないのです。

だからといって、気を緩めてやっていけばいい、というものではありません。

むしろ、その逆です。

こういう時代だからこそ、自分で自分を律し、追い込んでいかなければいけないのです。


大河を観ながら、そんなことなどをいろいろと考えていました。

そして、

「よ~し、頑張るぞ!」

そう気持ちを新たにすると共に、

石田三成の最期のシーンでは、熱い想いで、涙が止まりませんでした。

(義を重んじる三成が好きです。)

戦国時代の熱い気持ちを持った人達の話には、いつも泣けて仕方がなく、影響も受けっぱ

なしです。

私は根が単純だから。(そう言えば、K先生にも指摘されたなあ。)



社長の決断に関連して、最期は永ちゃんの言葉で締めたいと思います。


「 これからは会社の社長でも

 「やかましい!俺が右と言ったら右なんだよ!」

 って奴が出てこなきゃダメなんだ。

 そうしたら、みんな「やべえ、ウチの社長は・・・・・」って言いながらも付いていく。

 それが案外みんなにとって楽なのよ。

 こんな時代だからこそ、強い主張を持つ奴が求められるんじゃないかと。 」


永ちゃんの言うように、TOPの意志決定は明確で強いものでないといけません。

先述の小早川秀秋のように優柔不断では誰も付いて来ないのです。

「よ~し、頑張るぞ!」

結局、今の私にはこれしかありません。


クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-11-14 22:02
永ちゃんのプロ根性
クリックお願いします。明日への励みになります。
          ↓
人気blogランキングへ

2006年 11月 8日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


税務調査

やってきた調査官が経験の浅い、いわゆる新人君だとしたら。

「ラッキー!」

そう思うことでしょう。

確かに、新人君は経験不足、知識不足から手際が悪く、見落としも多いです。

そういう意味では、運がよかったのかもしれません。

しかし、そうとは限らない場合もあるのです。


去年、こんなことがありました。

調査初日、調査官が1人で私が税務顧問している会社にやって来ました。(調査予定日数

2日)

「あっ、新人君だ!」

少し、話をするだけで分かります。

さらに、仕事ぶりを見るにつけ

「きっと、楽勝だな。」

段取りの悪さから、早々にそう確信します。

案の定、モタモタしていると一日はあっと言う間に過ぎていき

新人君は 「何も問題なさそうですね~。」

と言い残し、税務署に帰っていきます。

社長と私は顔を見合わせ 「ニコッ」。

ここまで見ていると、確かに「ラッキー」と言えます。

しかし、これで終わりになることはありません。

二日目は「統括」を伴ってやって来るのです。

「統括」とは、普通の会社でいうところの「課長」にあたり、新人君の所属する部署のTOP

です。

恐らく初日、統括に調査の報告をした際、

「バカモン!お前は何しに調査に行ってんだ! 遊びに行ってんじゃないぞ!」

と怒られ

「明日は俺も一緒に行く。」

、となったのでしょう。

かくして、調査は振り出しに戻り、最初の一日はムダになってしまったのです。

「そんなことなら、最初からちゃんとした奴を来させてよ。頼むから。」


税務調査官もいろいろです。


押しの強いタイプ

理論武装タイプ

重箱をつっつくタイプ

   ・

   ・
  
   ・

でも、誰が来ようと慌てることのないように、しっかり仕事をしていきたいと思います。




永ちゃんはゲネプロ(本番を想定したいわゆる予行演習)を誰よりも徹底して行ないます。

それはまだ若い頃から、大御所になった今でもで変わることはありません。

誰でも、同じことを繰り返し繰り返し行なうのはイヤなはずです。

「もう、このへんでいいだろう。」

自分で止めることができるなら、早々に切り上げたくなることでしょう。

しかし、どんなに苦痛を伴ったとしても、それを妥協をすることなく続けらるのは、

「ファンに少しでもいいものを観てもらいたい、そして楽しんでもらいたい。」

そんな真っ直ぐな気持ちの表れだと思います。


一方、ライブで一番うれしそうなのは永ちゃんです。

観に来ている私達永ちゃんファンよりも、もっと楽しんでいます。

それが出来るのも全て、そこに至るまでの地道な事前準備があったからこそです。


人の見ていないところで最大限の努力をして、本番では誰よりも楽しむ。

永ちゃんに真のプロ根性を感じます。

私も永ちゃんと同じ心構えで、日々の仕事に励んでいきたいと思っています。

私なりに。




クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-11-08 21:32
キャロル時代の永ちゃんの金銭感覚
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ

2006年 11月 4 日


税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


おもいきって事業を起こし、寝る間も惜しんで頑張った結果、つかみ得る成功。

その時のパワーは相当なものです。

でもその後、中には落とし穴にはまる人が時々います。

よからぬ方向に行ってしまうケースです。

単純明快に例えを一つ言うなら、無理してローンでベンツを買っちゃうことです。

ベンツを買うこと自体が悪いわけではありません。

あえて少し背伸びして高額なものを買い、自ら自分を追い込むことによりさらなる成長を目指

すやり方もあるからです。

そして、ローンでなくキャッシュで買うことができ、しかもその後の資金繰りに困らない余裕が

あるなら、ベンツでもフェラーリでも何でも好きな物を買えばいいでしょう。

問題は、少し成功したからといって、すぐに個人的な満足に走ってしまい、肝心な事業を

ダメにしてしまうことです。

事業に関係ない物のために、無理してローーンを組んでいる場合ではないのです。

起業した時の夢はもっと大きかったはずです。

なぜ、その気持ちを維持し続けることができないのでしょうか?



永ちゃんはキャロル全盛時でも、家賃1万7千円のアパートに住み、銭湯に行っていた

そうです。

その頃、ハタチそこそこの若い永ちゃんは、お金についてどのように考えていたので

しょうか?

それは、当時、永ちゃんがジョニーに言った言葉によく表れています。

「ジョニー、お前、今作詞印税が入ってきてる。金ってのは怖いから、10円儲けたら1円使え

1千万円儲けたら、100万か200万ぐらい使え。あと600万は着実に貯金して、2、300万

は生活費に充てろ。

金ある時にパッパパッパ使っていたら、いざ必要な時に、金がないよ。」

                                            「成りあがり」より                                            
私はこの金銭感覚が経営者にも必要だと思っています。

ポイントは二つあります。

まず最初に、永ちゃんが言っているように「お金は怖い」ということをしっかり自覚

しておくことです。

「今はうまくいっているけど、明日は分からない。」

そんな危機感を持つことが大切です。


次に、いざという時のための準備の必要性です。

頑張っていれば、チャンスはやってきます。

しかし、前にも言いましたように、幸運の女神の後ろ髪ははげています。

前から幸運の女神がやってきたら、前髪をグッグッとつかみきらないとけません。

つかみ損ねて、後ろから追っても、後ろ髪がはげているので、もうつかむことはできないの

です。

巡ってきたチャンスを着実にとらえるためにも、事前準備は必要です。

金銭的にも、そして精神的にも。



キャロル解散後、永ちゃんは間髪いれずにロスに飛びます。

新アルバム作成のため。

この時、キャロルで稼いだ印税を全て投げ出しました。

一アーチストがここまでするか、というくらいの大勝負です。

これをなし得たのも、先述のような金銭感覚があったからこそです。


その数年後、「時間よ止まれ」が大ヒットし、さらに武道館、後楽園スタジアムへと夢の実現

が続くことになります。

上を目指してやるべき時にはトコトンやり抜く。

永ちゃんの成功の過程を見ていると、その大切さがよくわかります。





昨日、ドラゴンズの優勝パレードが名古屋市内でありました。

日本シリーズで負けてパレード?

いえいえ、リーグ優勝によるものです。

昭和49年のセリーグ優勝時に、日本シリーズ前にパレードをやり、投手がファンと握手を

し過ぎて、手の感覚がおかしくなってしまった、という反省から、日本シリ-ズ後にやるよに

なったと聞いています。

日本シリーズで負けてからのパレードはこれで何回目でしょうか?

早く、スカッと気持ちよくいって欲しいものです。


クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-11-04 06:03



事業経営者の良きパートナーである税理士・横田が、「矢沢永吉はなぜBIGになれたのか?」等楽しく、おもしろく、そして経営に役に立つ話をします。
by bigbeat-yokota
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 09月
2009年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
タグ
(71)
(58)
(25)
(12)
(6)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のトラックバック
Tramadol.
from Tramadol.
Effexor and ..
from Effexor and de..
Yahoo Single..
from Yahoo Singles Uk
Dating East ..
from Dating East In..
Escort Revie..
from Escort Review ..
Female Escor..
from Female Escort ..
Buffalo Esco..
from Buffalo Escort..
Dvd Line Nud..
from Dvd Line Nudis..
New York Inc..
from New York Incal..
Local Escort..
from Local Escort S..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

人気blogランキングへ
Copyright © 2006 YOKOTA, Inc. All Rights Reserved.