名古屋市西区 横田光弘税理士事務所 名古屋の財務会計経営相談
タグ:矢沢永吉 ( 71 ) タグの人気記事
うれしくない駐車監視員のやる気、うれしい秋の訪れ
クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ

2006年 9月 4日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。



シン兄貴 「よお、悪たぬき! 元気がないなあ、どうしたんや。」

悪たぬき  「最近、社員の駐車違反が多くて困っているんです。」

シン兄貴 「6月に駐車違反の取締りが強化されて、駐車監視員がはりきっているから

       やな。」

悪たぬき 「そうなんです。あいつらぶっ飛ばしてやりたいっス。」

シン兄貴 「そう怒ってやるなや。むこうも仕事なんやから。それに社員もわざとやないやろ
 
       それだけ、会社のために頑張ってくれてるということやで。」

悪たぬき 「えっー、珍しく温厚なお話しをされるんですね。」

シン兄貴 「そうや、俺はいつも平和主義なんやで。

       あっ、時間がない、じゃあ、またな。

       くれぐれも、。社員を怒ってやるなや。いいな。」

悪たぬき  「今日の兄貴は何か変で、調子狂うなあ。」

 

この駐車違反の反則金を会社が負担した場合、会社の損金として計上できるのでしょうか?

残念ながら損金になりません。

それは、「業務の遂行に関連してなされた行為」であっても同じです。

損金計上を認めると、罰金の一部を税金で負担する形になるからです。

一方、レッカー代や車両保管時の駐車料については、罰金ではないので、損金計上が可能

です。

また、「業務の遂行に関連しない行為」について会社が罰金を支払った場合は、役員や

社員に対する給与として源泉所得税の対象になります。



シン兄貴が帰った直後。

社員  「悪たぬき社長、シン兄貴が伝言を置いていかれました。」

悪たぬき  「どれどれ。 うわっ!」

 シン兄貴からの伝言    
        
         「 お前から借りたベンツやけど、うっかりしてる間にレッカーされてしまっ
         
          たわ。

          悪いけど、後はヨロシク。
          
          若い頃の苦労は買ってでもしんといかんのやで。」




日中はまだまだ暑いものの、朝晩は涼しくなってきました。



  
     さらば夏よ  つらい恋よ

     あなただけは  幸せに
                       ♪


永ちゃんの「ひき潮」が似合う季節も、もうすぐそこです。

秋がだんだん深まっていく頃、この曲を聴くと涙が出そうになります。


♪  
     君と二人で歩いた  浜辺の思い出
           
     あの時二人で語った 浜辺の思い出

     ああ もう恋などしない   
   
     誰にもつげず ただ波の音だけ

     さみしく聞こえる              
                           ♪


キャロルの「夏の終り」も、似合ってくるなあ。

(この曲は作詞も永ちゃん。)

しみじみと、泣けてきます。




   光るリーフに波
  
   あせていく夏よ

   二人見つめたのは

   過ぎ行く Summer Dream




永ちゃんの「棕櫚の影に」は最高です。

夏の匂いのするこの曲は、まだ暑さの残る今、前2曲よりピッタリはまります。

絶対に涙なしではいられません。

やっぱり泣くのかい。

そう、永ちゃんの曲は泣ける曲が多いのです。



これから迎える秋は、永ちゃんのコンサートツアーも一緒に連れてきます。

毎年、待ち遠しい季節です。


クリックお願いします。明日への励みになります。
            ↓
人気blogランキングへ










      

 
  
 
   
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-09-04 20:40
☆を目指して頑張ろう!自分なりの☆を。
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ

2006年 9月 3日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


今、本屋さんに並んでいる週刊誌「フライデー」に、永ちゃんの記事が載っています。

「矢沢永吉「10億円ヨロシク!新豪邸」の威容」

さすが永ちゃん、10億とは半端ではありません。

8年前に35億円の巨額詐欺被害に遭ったばかりなのに、それを6年間でほぼ全額完済し、

なお今回の矢沢御殿の建設です。

しかも、一昨年には、赤坂に総工費15億円の巨大スタジオも建てたということです。

すごいパワーと根性を感じます。

それは若い頃と全く変わっていません。

私達若いもんはもっと頑張らないといけませんね。

たとえ永チャンのようなBIGにはなれないとしても、張りのある気持ちだけは持ち続けたいも

のです。


昔、永ちゃんはスーパースターになるのを夢みて、広島から東京行きの夜汽車に乗ります。

(しかし、無意識のうちに横浜で降りる。そこは永ちゃんいわくビートルズのリバプール。)

それからキャロルでデビューするまでの間が永ちゃんのいわゆる下積み時代です

永ちゃんとはいえ、最初から受け入れられていたわけではないんですね。

☆をつかむまでには、それ相応の血のにじむような努力があったわけです。


私は以前、芸能プロダクションをやっている会社の税務顧問をしていました。(残念ながら、現

在は存在しません)

その社長は実に魅力的な方で、楽しい話がいっぱいあるのですがここではやめておきます。

ある日、仕事の話が終わった後、社長が「じゃあ、行くか!」と私に言ってきました。

「どこへですか?」

「ライブに決まっているじゃないか。」

結局、その会社所属のバンドが今晩ライブハウスに出演するので、そのお誘いだった

わけです。

それで、なにげなくご一緒したのですが、そのバンドが思いがけずに良く、強く引き付けられ

てしまいました。

そのバンド名を「クラウド」といいます。(男ばかりの4人組)

当時はまだインディーズで、地元名古屋を中心に活動していました。

私はいっぺんに好きになり、その後、社長のお誘いもあって毎回のようにライブに足を運び

ました。(ボトムライン等の名古屋のライブハウスから東京赤坂のライブハウスまで幅広く)

客層はほとんどが女子高生です。

私も一緒に混じって・・・・・・・といいたいところですが、そこは我慢して関係者席です。

そんなある日、私の事務所の女性職員が結婚して東京に行くということになり、その送別会

を顧問先のビアハウスで行うことになりました。

その当日、クラウドのボーカルが駆けつけてくれて、3曲歌って花を添えてくれました。

私はそのことを今でも感謝しています。

彼は本当に熱い心を持ったいい奴なんです。

その後、彼等はメジャーデビューを果たし、それなりによく頑張りました。

中でも、TV番組「遊戯王デュエルモンスターズ」の主題歌を歌った時は、会社も盛り上がり

ました。

しかし、それをピークに下降線をたどることになります。

毎年、多くの若者が☆を目指して、音楽の道に入っていきます。

もちろん、当ればその見返りは大きいです。

逆に、日の当る所に出ることができないと何も残りません。

実に厳しい世界です。

永ちゃんもかっては、そんな☆を目指す一アーティストだったんだなあ。

週刊誌の記事を読みながら、そんなことをとりとめもなく考えていました。

しみじみと。


「さあ、永ちゃんのように☆を目指して頑張りましょう!」

けっして結果ではありません。

その気持ちが大切だと思います。


クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-09-03 20:38
発想の転換でチャンスをつかむ
クリックお願いします。明日への励みになります。
     ↓
人気blogランキングへ

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


先週の日曜日、自宅の近くで殺人事件がありました。(注1

場所はイタリアレストラン。

殺された方は、そのお店のオーナーです。

と、言っても一日も営業をすることができませんでした。

亡くなったのは、開店日の前日だったのです。

近所の人の話によれば、ここ4、5日は泊まり込みで、準備に夢中だったそうです。

どんなにか悔しかったことでしょう。

起業される方の思いの強さをよくわかっているだけに、その無念さが手に取るように感じら

れます。

注1) 警察発表では、事故と他殺の両方の可能性があるとのことです。

   よって、現時点では必ずしも殺人事件と断定できるものではありません。


   
シン兄貴 「お前、あのイタリアレストランで商売やってみたらどうや?」

悪たぬき 「無理です。人が死んでいるんですよ、気持ちが悪くてとてもできません。」

シン兄貴 「そうかなあ?俺はチャンスやと思うけど。」

悪たぬき 「えー!あんなに悪条件がそろっているのにですか?」

シン兄貴 「そうや。あの店の大家は、あんな事件の後だし、今後借り手を探すのに苦労す

       るやろ。」

悪たぬき 「はい、それで。」

シン兄貴 「だったら、いい条件で借りられるやないけ。しかも、開店直前だったから、設備

       投資は全て終わってるんやで。新品をそっくりそのまま使えるしな。」

悪たぬき 「でも、無念の死をとげた悪い怨霊がでてくるんじゃないですか?怖いなあ。」

シン兄貴 「あほ、逆や。 死んだ奴はあの店を経営するのが夢やったんやで。

       きっと、「よく俺の意志を引き継いでくれた」、と喜んでくれるわ。

       そして、応援してくれはること間違いなしや!」

悪たぬき 「さすがシン兄貴、相変わらず自分勝手な解釈、いや超プラス思考ですばらしい
 
       ですね。」


実は、このシン兄貴とほぼ同じ話を、私の顧問先の社長から先日聞きました。

その方は飲食業を多店舗展開されていて、いつも前向きな経営をされています。

この考え方が是か非かは別として、何事も固定観念にとらわれていてはいけないことを

改めて感じました。

成功とは以外な所に落ちているものなのかもしれません。

そして、それを拾うことができるかどうかは、日頃のたえまぬ努力の結果だと思います。




2日前、車のラジオで「イントロクイズ」をやっていました。

イントロの最初の部分を少し流して、何の曲なのかを当てるのです。

私は本来こういうのは苦手です。

しかし、今回は違いました。


「歌っているのはロック界の大御所で今年57歳を迎える方です。そして、コンサートでは毎回

最も盛り上がる曲です。」

「トラベリンバス!」

イントロが流れる前に、言いました。

「えー、どうして分かったの?」

一緒にいた人は驚きましたが。

こんなに詳しく説明したら、永ちゃんファンなら誰でも分かるって。

それはともかく、思いがけずに「トラバス」を聴けて、その日は何か特をした気分でした。



クリックお願いします。明日への励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-12 21:34
ワクワクした初めての督促状。
クリックお願いします。明日への励みになります。
           ↓
人気blogランキングへ


200年 8月 4日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。



今日、私宛に市・県民税の督促状が届きました。

そういえば、資金繰りがきつかったもんね。

株の含み損がクラウン1台分あるし。

もうダメかなあ。
    
       ・

       ・

       ・

       ・

       ・
  
  
そんなことは全くありません。

第一、私はこれまで税金等を滞納したことは1度もありません。(税理士として当たり前で

すが)

では、今回が初めて?

それも違います。

名古屋市が間違えて送ってきたのでした。


早速、区役所に電話です。

なぜか、こんな時ってワクワクします。

「間違って市・県民税の督促状が届いているので調べて下さい。」

「少々お待ち下さい」

しばらくたって

「あっ、そうですねー、そちらで破棄しておいて下さい。」

さらっ、と言われて終わりです。

謝罪の言葉一つありませんでした。

それはないでしょう。

もっと、しっかりして欲しいものです。


「お役所のやることに間違いはない。」

日本人は勤勉で真面目なので、そう思っている人が多いです。

でも、税務署も含めて公の機関にもミスはつきものです。

以前、うちの顧問先会社の申告の際、税務署から白色申告の用紙が送られてきました。

あれっ、「青色申告の承認申請書」を期限までに出したのにおかしいな。

念のために、税務署に電話で確認すると、

「いや、申請書は出ていません。」、という答えが返ってきました。

しかも、自信満々に。

カチン、ときた私はすぐに税務署に乗り込みました。

「じゃあ、これを見てくれ!」

税務署の収受印が押してある「申請書」の控えです。

それを水戸黄門の印籠のごとく見せ付けてやりました。

「この書類を何だと心得る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「ハハッー。」

そこまで、オーバーではないですね。


「あっ、そうですね。申し訳ありません。」

あっさり認められました。(当然ですが)


収受印が押してあるということは、税務署が「はい、受け付けましたよ。」、という確固たる

証拠になります。

私達税理士の世界では、税務署等に提出する書類はどんなものでも2部作成し、1部は

収受印を押してもらい控えとするのが常識になっています。

提出した覚えとすることと、もう一つは先述のような税務署のミスに対抗するためです。


相手が公の機関だったり、形式が整っていると、人は信用しがちです。

しかし、それが本当に正しいのかどうかを自分自身で考えなくてはいけません。

何事も過信は禁物ですよ。

「十分気をつけましょう! 振り込め詐欺と税金の督促状。」    

なんてね。


今日、訪問した会社の社長さんから、いい情報をゲットしました。

永ちゃんの大ファンがやっているお店が、名古屋の中区にあるとのことです。

そこは、連日永ちゃんの曲が鳴り響いているそうです。

ぜひ、仕事が落ち着いたら行ってみたいと思います。

また、楽しみが増えました。

近い将来に、楽しみがあると、仕事もより頑張れますね。


クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-08-04 20:56
「一日に何回していますか?」 「そ、そんなこと恥ずかしいわ。」
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ

2006年 7月 18日


税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


飲食業経営の若夫婦に開業以来初めての税務調査が入りました。

調査官  「聞いたことには何でもきちんと答えて下さいね」

夫婦  「ハイ。」

   ・
   ・
   ・    
   ・
   ・

調査は淡々と進みました。


調査官  「ところで、おたくは一日に何回していますか?」

夫婦  「えっ」

妻は顔を赤くして、夫の顔を見た。

夫も驚き、妻の顔を見た。

妻  「いきなり恥ずかしいわ。」

夫  「そんなことまで答えるんですか?」

調査官  「そうです。何回ですか?」  涼しい顔をして繰り返した。

この頃回数が減ってきたのが気になっていた若妻は、おもいきって聞いてみた。

妻  「よそはどうなんですか? うちは一週間に一回くらいなんですよ。」

調査官  「そんなことではダメですね。」

妻  「ほらー、やっぱりそうでしょ。」

勝ち誇った顔で夫を見る妻。

調査官  「最低一日一回はしないといけません。」

夫  「えー、そうなんですか?」

調査官  「できれば、昼と夜の二回が理想的です。」

夫  「どひゃー!昼と夜っすか。 ま、毎日ですよねー。」

調査官  「はい、そうです。」

夫  「体がもつでしょうか?」

調査官  「若いのに何言ってんですか。」

夫  「一回あたりの時間は早くてもいいですか?」

調査官  「いいえ、大事なことですから、あわてずに念入りにやって下さい。」

夫  「し、死ぬ気で頑張ります。」

調査官  「きちんとレジを締めて、売上金と現金のチェックをしないといけません。

      現金管理は経理の基本ですから。」


あくまで架空のお話です。

しもネタでごめんなさい。



最近、娘が「ガチャガチャ」にはまっています。

そう、硬貨を入れて回すとカプセルが出で来るやつです。

一番好きなのはプリキュアかな。

置いてある場所の近くを通ると必ず買わされます。

これって、何が出てくるかわからないところがミソですね。

子供がついつい夢中になって、買ってしまうのも無理がありません。

思いがけないところにも置いてあります。

例えば、名古屋ドーム。

ドラゴンズグッズが中に入っています。

当りもあって、「○○賞」がでると引き換えに結構お得な物がもらえます。

お店としては売れ残りの解消の意味もあるのでしょう。

しかし、少年ドラファンはよく買っているようです。

それから、永ちゃんファンの聖地「DIAMOND MOON」にも。

ロゴキーホルダーやハンドタオルのガチャガチャがあるようです。

私もいつか行って全部揃うまでやってやろうか、と思っていました。

しかし、最新の通信販売に載っちゃっていましたね。

残念!

そこでしか買えない「ガチャガチャ」、やりたかったなあ!


クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ












































































































   




 
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-07-18 21:30
「ゲロッパ!」のJ.Bを永ちゃんに代えて観てみたい
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ

2006年 7月 17日


税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


今日、ある予定がなくなったこともあって、録画しておいた映画を観ました。

2ヶ月くらい前に録画して、それっきりになっていたものです。

そういえば、去年買った「スゴ録」が大活躍で、この他にもたくさん溜まっています。

どうせ観る時間がないなら録らなきゃいいのですが。

何でも「とりあえず」なんです。


それはともかく、観た映画のタイトルは井筒和幸監督の 「ゲロッパ!」です。

コメディタッチなんですが、心温まるシーンもあって面白かったです。

映画の中で、やくざの親分(西田敏行)のために子分たちがジェームスブラウンを拉致しに

行くというシーンがありました。

その時、J.Bを知らない子分の一人が、どういう人物かを弟分に聞いた時の台詞がよかった。

「矢沢とどっちがBIGなんや。」

「どっこいどっこいでしょ。」

こんなところで永ちゃんの名前を聞くはと思わなかったので、なぜだかうれしかったです。

この子分を山本太郎が演じていたのですが、永ちゃんファンという設定のようでした。

携帯の着メロが「ウイスキーコーク」。

好きになった女(常盤貴子)のおっぱいを触って叩かれた時に歌ったのも「ウイスキーコーク」

でした。

♪ 「俺たちの出会いを見つめていたのはー」 ♪

あの曲は永ちゃんがソロデビューして最初のアルバムに収録されているものです。

永ちゃんファンの間では定番ですが、その他の人にはわからないでしょうね。

それでも、やっぱりうれしくなります。

意外なところで永ちゃんに出くわすと。


もし私がヤクザの親分だったら、子分たちは永ちゃんを拉致しに行くことになるんでしょうね。

「ミックジャガーとどっちがBIGなんや。」

「そりゃあ、永ちゃんでしょう。」



外は大雨、家でのんびりビデオを観るのも、たまにはいいものです。

さあ、明日からは7月も後半です。

気合を入れて頑張りましょう。


クリックお願いします。明日への励みになります。
          ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-07-17 21:13
永ちゃんグッズと棚卸資産の評価損
クリックお願いします。明日への励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

2006年 7月 15日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


在庫(棚卸資産)について、次のように思い込んでいる経営者がまれにいます。

「景気が悪いと在庫が増えるから、在庫を減らせば赤字も消える(利益が出る)」

すなわち、在庫を減らせば資金繰りが楽になって利払いを減らすことができ、合わせて

倉庫料などの諸費用を削減できるので、利益が増加する、と判断しているわけです。

しかし、この経営的判断と会計上の理屈は正反対です。


在庫が増える → 売上原価が減る → 利益が増える

在庫が減る → 売上原価が増える → 利益が減る

この流れをしっかりおさえておかないと、会社の経営的判断を誤ってしまいます。


この在庫金額は利益調節に利用されることが多いです。

いうまでもなく、決算金額をコントロールするために在庫を調節するのは違法です。

特に、在庫金額を過少計上して所得金額を減少させる行為は「脱税」になります。

このような脱税のための在庫落しは、けっしてやってはいけません。

しかし、在庫を落せば必ず脱税になるわけではありません。

適法に在庫を落す方法、すなわち、節税のために在庫金額を落す方法があるのです。


それは、棚卸資産の評価損の計上です。

棚卸資産は原則として取得価額を基に計算します。

しかし、破損、型崩れ、たなざらし、品質変化などがあり、通常の方法によって販売すること

ができなくなった商品については、「決算期末時点での処分可能金額」で評価することが

できます。

(その他、季節商品で売れ残ったもの等々)

勝手に評価を下げるのは脱税です。

さらに、棚卸資産の時価が単に物価変動、過剰生産、等の事情によって低下した場合でも

評価損の計上は認められません。

しかし、これら特別の事由がある棚卸資産の評価を落すのは節税なのです。

覚えておいて、1円でも余分な税金を払わないようにしましょう!。



永ちゃんのコンサ-トツアーで売られているグッズ(タオル、トランボ等)。

ツアータイトルや年が入ったものは、翌年になれば「季節商品で売れ残ったもの」として、

棚卸資産の評価損の計上ができるでしょうか?

ポイントは今後通常の方法により販売することができるかどうかです。

私がこの会社の顧問税理士ならば、積極的に評価損を計上して、少しでも納税額を減らす

ことを考えるでしょう。

でも、一永ちゃんファンの心情としては、今後通常の価額では販売することができない売れ

残りという、レッテルを永ちゃんグッズに貼りたくはありません。

こうなったら、私が全て買取りましょうか。(笑)




クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-07-15 22:09
キツイ旅だぜ! 社長の仕事も。
クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ

2006年 7月 12日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


 「努力した人が全て成功するとは限らないが、成功した人は全て努力している。」 

私が好きな言葉です。

成功するためには、多かれ少なかれ努力が必要です。

しかし、努力したからといって、必ず成功するものではありません。

この言葉はその通りだと思います。


会社経営も同じです。

社長の努力なしには事業の繁栄はありません。

当たり前のことですが、なかなかそのへんを理解しないで、いきなり起業してしまう人が

実際にいます。

その一つの例として、分かりやすいのが人件費のかけ方です。

確かに、最初からたくさんの従業員を雇えば、社長は楽です。

何もかも命令すればいいのですから。

しかし、売上とのバランスを無視し過ぎては、元も子もありません。


以前、売上に比して人件費率が異常に高い会社がありました。

そして、それが原因で大きな損失が出ています。

もちろん、私はそのことを指摘し、改善することを勧めました。

そのときに返ってきた社長の言葉は、

「人を減らしたら、私が忙しくなるじゃないですか。第一私が現場に出なくてはいけなくなる

から無理です。」

私は言いました、

「現場に出ればいいじゃないですか、会社のピンチなんですから。」

すると社長は、

「だって、私は社長じゃないですか、経営の仕事がありますから出来ないんですよ。」

あきれてしまいます。

自分が楽をしたいがゆえの言い訳です。

会社の利益が出ないのは全て社長の責任です。

この場合でいうなら、従業員を極限まで減らして、そのかわり社長自身が人の何倍も働く

形でなければ、再建は無理なのです。

経営がどうとか、格好いいことを言うのは、それからのことです。

その後、私が口うるさく言ったこともあって、少しづつ従業員を減らしていきましたが、

その対処があまりにも遅すぎて、結局法人、個人共に破産してしまいました。


この社長が全く努力をしていなかったとは思いません。

特に、異業種交流会、ゴルフ、夜のクラブ活動には盛んに参加しているようでした。

確かに、人と人との交流は大切です。

しかし、それはただ自分の好きな方向、楽な方向に流れていただけ、ともいえるのです。

従業員を雇用しているのは、社長が楽をするためではありません。

あくまで社長業とは、従業員の何倍も仕事をして、一番キツイものだ、と自覚しておかなけ

ればならないのです。



私は現在、素敵な女性と交換日記をしています。

毎日欠かさず、お互いに書いています。

あるときは、

「・・・・・好き。」

「遊びに行こうね。」

「また、一緒に寝てもいい?」

ワクワク、ドキドキ、刺激的です。

こんなに楽しいとは思いませんでした。

もちろん、永ちゃんのことも書きます。


    ・
    ・
    ・ 
    ・
    ・

お相手は私の娘です。(残念!)



クリックお願いします。明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-07-12 21:24
12月生まれは親孝行?いえいえ子供は全て親孝行です
クリックお願いします。明日への励みになります。
       ↓
人気blogランキングへ


2006年 7月 11日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


税金(所得税)の分野において、12月生まれの子供は親孝行、と言われています。


所得税の扶養控除の判定は、その年の12月31日現在ですることになっています。

12月31日現在で扶養者であれば、その年の扶養控除は満額受けることができます。

すなわち、扶養控除には月割りや日割りの考えがないのです。(その他配偶者控除等も

同様)

あくまで、12月31日に扶養者であるかどうかが全てです。

ということは、1月1日に生まれた子供も12月31日に生まれた子供も、税法上の扱いは

一緒ということになります。(所得控除額=38万円)

すなわち、365日扶養しても、1日しか扶養していなくても全く同じなんです。

よって、冒頭にありましたように、12月生まれの子供は親孝行ということになります。


結婚も同様です。

年の後半、もうすでに同棲生活をしているのなら、すぐに籍を入れた方がお得です。

(もちろん、彼女の収入金額が一定金額以下の場合)

節分が過ぎると厄年が終わる、とか

誕生日が来ると彼(彼女)との年の差が縮まる、とか

縁起がいいので年が明けてから、とか

そんなどうでもいいこと(?)にこだわっている場合ではありません。

年が変わらないうちに結婚届けを出すだけで節税ができるのなら、賢く利用すべきです。



私の娘は12月生まれの親孝行者です。

「計画したの?」

いえいえ、たまたまです。


私の娘は生まれてからも、親孝行です。

私が家で仕事をしていると、私の部屋に入ってきて歌を歌ったり、踊ったりしてくれます。

しかも、大声で。(涙)

普段、私も話を始めたら止まらないくらいうるさいので、歌うなとは言いません。

せめて、もう少し小さな声で、永ちゃんのバラードを歌うくらいにして下さい。

今日は「棕櫚の影に」

明日は「天使たちの場所」

そして、「A DAY」

夢のような話です。

でも、実現したら、本当にうれしいでしょうね。


それはともかく、子供の笑顔のおかげで、より頑張ることができます。

「扶養控除で少しでも節税しよう」、とかケチなことを言ってはいけません。

娘には素直に感謝です。


あーあ、最後に今日のテーマを全否定しちゃったよ。

しょうがないですね。

娘には弱いです。


クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-07-11 21:14
「領収書くん」よりも「レシートくん」の方が情報通
クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ


税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


会社の経費に計上する場合、証憑書を保管する必要があります。

(支払いをした場合は領収書やレシート)

それに関連して、次のような質問をたまに受けることがあります。

「レシートではダメですよね?ちゃんと領収書をもらわないと。」

レシートには支払者の名前等が書かれていなかったりするので、正式には認められないと

思われているようです。

確かに昔はそうでした。

でも、現在は少し様子が違います。

税務署では、レシートの方がかえって信憑性が高いとされていることもあります。

なぜなら、よからぬことを考える人(脱税者)は個人的な物を買って、それを経費にする場合

都合がいいと考えるからです。

例えば、デパートで自分の服を買って、「事務用品費」と経理したりするケースです。

しかし、レシートの場合、店名や所在地だけではなく、購入した品名まで印字されてしまい

ます。

先の例では、「スーツ、ネクタイ」と印字されてしまっては、経費には計上できません。

飲食代の場合もそうです。

中には、レシートに誰が利用したかまで印字するお店があるのです。

「大人2人、子供2人」、もしくは 「定食2名、お子様ランチ2名」

社長の家族構成とばっちり同じなら、調査のときに疑われることでしょう。

さらに、スーパーやデパートの中には、レシートから、どの売り場で何を購入したかがわ

かるようになっていることが多いです。

これでは、スーツを買っていることが、調べられれば簡単に分かってしまいます。

それゆえに、脱税者はレシ-トでは都合が悪いので、領収書に書き換えてもらうのです。


みなさん!スーパーへ晩御飯のおかずを買いに行かされて、悔しいのでせめて経費で

落そうと、領収書を書いてもらった、ということありませんか?

えっ、お前と違うって。

失礼な。

私は経費にはしていません。

たとえ行かされても。(涙)



経費と言えば。

永ちゃんのコンサートのチケット代を会社の経費に計上している人。

必ずいそうですね。

もちろん、お得意先を招待して交際費で落す、というケースです。

これなら経費になります。

極上の接待ですから。

まさか、自分と彼女(彼)、もしくは家族と一緒に行ったのに経費にしている人はいないでし

ょうね。

「仕事をするための、俺の唯一のエネルーギ源なんだ。」

「これがあるから仕事を頑張れるんだ!」

「コンサートに行けると思うから、頑張ることができて、結果売上増加につながってんだ。」

等等。

気持ちはよく分かります。痛いほど。

私が税務調査官なら、100%認めます。

しかし、拡大解釈しすぎです。

実際の調査では間違いなく否認されます。

あくまで個人的なものとされます。

それに、永ちゃんのコンサートを汚すことになります。

くれぐれもそんなことはしないようにお願いします。

えっ、そんな奴いないって。

そうですね。

失礼しました。

それはともかく、今年も永ちゃんのコンサート、楽しみですね。



クリックお願いします。明日への励みになります。
         ↓
人気blogランキングへ












































 


 
[PR]
by bigbeat-yokota | 2006-07-10 22:14



事業経営者の良きパートナーである税理士・横田が、「矢沢永吉はなぜBIGになれたのか?」等楽しく、おもしろく、そして経営に役に立つ話をします。
by bigbeat-yokota
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 09月
2009年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
タグ
(71)
(58)
(25)
(12)
(6)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のトラックバック
Tramadol.
from Tramadol.
Effexor and ..
from Effexor and de..
Yahoo Single..
from Yahoo Singles Uk
Dating East ..
from Dating East In..
Escort Revie..
from Escort Review ..
Female Escor..
from Female Escort ..
Buffalo Esco..
from Buffalo Escort..
Dvd Line Nud..
from Dvd Line Nudis..
New York Inc..
from New York Incal..
Local Escort..
from Local Escort S..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

人気blogランキングへ
Copyright © 2006 YOKOTA, Inc. All Rights Reserved.