人気ブログランキング |
名古屋市西区 横田光弘税理士事務所 名古屋の財務会計経営相談
2006年 07月 01日 ( 1 )
ラッキーマン (最強の運の持ち主)
クリックお願いします。明日への励みになります。 
          ↓
人気blogランキングへ

2006年 7月 1日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。



以前、確定申告の相談会であった話です。


Y=私、横田    S=相談者


S 「私は2人子供がいるんですが、2人とも扶養控除の対象にならないんですよ。」

Y 「もう、お子さんは働かれているんですか?」

S 「いえ、2人とも小学生です。」

Y 「それなら、収入はないんでしょ。もしくはあってもわずかでは?」

S 「はい、そうです。でも、1人は愛人の子で、もう1人は本妻の子なんですが別居中なん

   ですよ。 この場合扶養控除できないですよね。」

Y 「そうとは限らないですよ。」

S 「えっ、そうなんですか?」

Y 「まず、愛人さんの子ですが、認知されていますか?」

S 「はい、しています。」

Y 「経済的な援助もされていますか?」

S 「はい、それ相応の金額を渡しています。」

Y 「それならば、愛人さんの子は扶養控除の対象になります。」

S 「本当ですか!」

Y 「次に、別居中の本妻さんの子ですが、経済的に扶養されていますよね?」

S 「はい、もちろんです。」

Y 「それなら問題なく扶養控除できます。 世の中には会社の都合で単身赴任している

 お父さんも多いですよね。その場合単身赴任者が別居中の子を扶養していることに異論

 はないでしょう。

 それは、会社の都合ではなく精力の都合で別居することになった場合でも同じなんで

 すよ。(笑)」

S 「そうだったんですか、今日は来てよかった。」


愛人の子に関して、勝手に扶養控除の対象にならないと思い込んでいる人がたまにいます。

(レアケースなので本当にまれですが。)

それは、恥ずかしいことと思っていることもあるでしょう。

しかし、払わなくてもいい税金を払うこともないですよね。


最近、愛人のことばかり書いていますが、別にそのこと自体を取り上げたいわけではもちろん

ありません。

私が言いたいのは、「税金に関しては思い込みは禁物」、ということです。

1円たりとも余計な税金を払うことのないように気をつけましょうね。



昨日、YAZAWACLUBの優先席の抽選結果の発表がありましたね。

ありがとうございます。

無事、第一希望日のSS席をゲットしました。

こればっかりは100%運です。

努力してどうにかなるものではありません。

しかし、願えば通じるものですね。



思えば、私は運の強さだけで、これまでやってきたような・・・・・・・・・・・・・・・。

特に、人には恵まれ、いい出会いが多かったと思います。

今私があるのはそういう人達の支えがあったからこそです。

本当に感謝しかありません。



クリックお願いします、明日への励みになります。
        ↓
人気blogランキングへ


















































 
by bigbeat-yokota | 2006-07-01 20:43



事業経営者の良きパートナーである税理士・横田が、「矢沢永吉はなぜBIGになれたのか?」等楽しく、おもしろく、そして経営に役に立つ話をします。
by bigbeat-yokota

人気blogランキングへ
Copyright © 2006 YOKOTA, Inc. All Rights Reserved.