人気ブログランキング |
名古屋市西区 横田光弘税理士事務所 名古屋の財務会計経営相談
2006年 07月 08日 ( 1 )
「永ちゃんのように山中湖に家を建てるぞ!」会社の経費で?
クリックお願いします。明日への励みになります。
             ↓
人気blogランキングへ

2006年 7月 8日

税理士一の永ちゃんファン、名古屋の横田です。


事業を起こす時、経営者は夢を抱きます。

成功した証として何がしたいかの。

それは人によって様々です。

ポルシェやフェラーリに乗る。

自社ビルを建てる。

自分専用の秘書を置く。

愛人を作る。(またかよ)

  ・
  ・ 
  ・
  ・
  ・

そして、中には別荘を持つ、という経営者もいます。

この別荘、社員の福利厚生の目的であれば、特に問題はありません。

しかし、大半の経営者は自分個人のために別荘を作ってしまいます。

しかも、会社名義にして、経費で落そうと考えるのです。

名義が会社にさえなっていれば、何でも経費になってしまう、と思っている経営者は

多いです。

しかし、そんなに甘くはありません。

税務調査ではあの手この手を使って、実質経営者個人のものであることを突き止めていく

のです。

第一に、山にある別荘であれば 「山の家利用規定」 の提出を求めてきます。

社員が平等に使える状況にあるかを確認するのです。

次いで、 「利用申込書」 の提出を求められます。

社員が実際に利用しているかが問われるのです。

そして、最後に止めの一発が炸裂します。

「すみません、ちょっといいですか?」

社員のAさんが、税務調査官に声をかけられます。

「はい、何でしょうか?」

「「山の家」までは駅から歩いて何分ですか?」

経営者はあわてますが、時はすでに遅し。

「何ですかそれっ?」
  
   ・
   ・
   ・
   ・


その結果。

別荘にかかった費用は、経営者個人に対する賞与、とされてしまいます。

一方、法人への損金処理も否認されます。

すなわち、法人税と所得税、ダブルの追徴課税が決定するのです。(往復ビンタ)

   
どうせ、会社の「山の家」などは社員の利用が一巡すると、誰も行かなくなることが多いです。

それに、経営者自身も多忙で、そんなに頻繁には行くことが出来ないでしょう。

それなら、最初から社員と喜びを共有する道を選択した方がいいですよね。

経営者は小細工することなく、もっと大きな視野に立って、生きたお金の使い方を考えた方が

いいと思います。



永ちゃんも、BIGになった時、山中湖に豪邸を建てましたよね。(心ないファンによって悲しい

結果になりましたが)

自分の夢が形になった時、どんなにか、うれしかったことでしょう。

男にはやっぱり目標が必要ですね。



娘に聞きました。

「大きくなったら、何になりたいの?」

「パパのような税理士さん!」

泣けることを言ってくれます。 ヨシヨシ

「そう言えば、パパにいい物を買ってもらえるよ、ってママが。」

やっぱりかい!

横田家の女性陣には油断ができません。


クリックお願いします。明日への励みになります。
          ↓
人気blogランキングへ
by bigbeat-yokota | 2006-07-08 21:12



事業経営者の良きパートナーである税理士・横田が、「矢沢永吉はなぜBIGになれたのか?」等楽しく、おもしろく、そして経営に役に立つ話をします。
by bigbeat-yokota

人気blogランキングへ
Copyright © 2006 YOKOTA, Inc. All Rights Reserved.